硬質金めっき

HARD Au PLATING

  1. HOME
  2. 表面処理一覧
  3. 硬質金めっき加工

微細部品に高硬度で優れた機能性の「硬質金めっき」

各種コネクタ・接点・ピンなどに適したAu-Co合金めっき

高い耐摩耗性、電気伝導性に加えて、はんだ付け性や低接触抵抗にも優れているのが硬質金めっきです。コバルトを含有することにより、硬度は純金めっきと比較して数倍にも向上します。各種コネクタ・接点・ピンなど微細部品の金めっきにも適しています。

独自ノウハウで難箇所も均一なめっき処理が可能

エプテックでは、独自のノウハウにより、ピンなどの微細部品やコンタクトプローブなどの微細径パイプの内面にも均一なめっき処理が可能です。

微細製品への硬質金めっきとパイプ内面へのめっき処理の様子(コンタクトブローブ)

硬質金めっきの仕様

金純度 99.7%以上
硬度 120~220ヌーブ
膜厚 0.1μm~2μm程度(Au-Coめっきとして)

硬質金めっきの用途

耐摩耗性にすぐれ電気を通しやすい性質から、主に電子機器のスイッチの接点部分など、動きの多い部品に使用されます。

【例】
各種接点、端子、コネクタ、ピン、ロータリースイッチ、リードスイッチ、リードフレーム、ICヘッダー、トランジスタステム、その他電子部品

硬質金めっき処理が可能な素材

○鉄鋼素材
○ステンレス(SUS)
○アルミニウム
○銅・銅合金・真鍮 等

上記以外の素材につきましては弊社までお問い合わせください。

各種お問い合わせ・ご相談

  • 0266-23-4848
このページ先頭へ

COPYRIGHT(C) EPTEC CORP. ALL RIGHTS RESERVED.