ニッケルめっき

ELECTRO Ni PLATING

  1. HOME
  2. 表面処理一覧
  3. ニッケルめっき加工

特長

電気めっきの代表的存在。Au、Cr、Snなどの下地めっきに。
単体では防錆・外観・導電性・はんだ付け性・電磁波シールドなどに。
「ホウ素フリー」で環境負荷も低減。

銅・ニッケルめっき製品例と全自動銅・ニッケルめっきライン

電気めっきの代表的存在「ニッケルめっき」。ニッケルめっきは金めっき、装飾クロムめっきなどの下地として使用されるほか、その優れた特性により単体でも多方面の分野に応用されています。
エプテックでは、ニッケルめっきの下地として銅めっきを採用し、耐食性はもちろんのこと、外観性、導電性、電磁波シールド性などを求める各種精密機械部品・電子機器部品を中心に的確にサポートしており、その優れた品質は多くのユーザー様から厚い信頼をいただいております。また、多様化するニーズにも対応。多種少量生産から大量生産、精密部品から大型機械部品まで、そして、被処理素材も鉄・銅合金はもちろん亜鉛ダイカストなど幅広いニーズに低コストでお応えします。
また、エプテックは他社に先駆けていち早く「ホウ素フリー」のニッケルめっき液を導入し、環境に対して負荷の少ないめっき加工を実践しています。

「無電解ニッケルめっき」のご案内はこちら

仕様・特性

Niめっきの特性

組成 Ni:99.5wt%以上
密度(析出状態) 8.6g/cm3
硬度(光沢浴) 400〜500HV
磁性 強磁性
熱膨張係数 14〜17μm/m℃
溶融点 約1400℃
電気抵抗 8.5μΩ/cm/c㎡
外観光沢 光沢(光沢浴)

各表面処理の効果・特性一覧はこちら

用途・応用例

応用例 用途
金めっき、装飾クロムめっき、すずめっきなどの下地として 耐食性、意匠性、ウィスカ防止
各種電気機器、電子機器の筐体など板金・プレス部品 はんだ性、導電性、耐食性、電磁波シールド性、意匠性
各種バスバー、端子(車載用、スマートメーター用) 耐食性、導電性、はんだ性、意匠性
バルブ、配管部品 耐食性、耐摩耗性、防汚性
光学部品、精密機械部品 耐食性、意匠性、耐摩耗性

※鉄、銅合金などはもちろん、亜鉛ダイカストへもめっき可能です!

各表面処理の効果・特性一覧はこちら

各種お問い合わせ・ご相談

  • 0266-23-4848
このページ先頭へ

COPYRIGHT(C) EPTEC CORP. ALL RIGHTS RESERVED.