フッ素潤滑めっき

ELECTROLESS Ni-P-PTEE COMPOSITE PLATING

  1. HOME
  2. 表面処理一覧
  3. フッ素潤滑めっき加工

特長

自己潤滑性・撥水性・非粘着性などの優れた特性を持つ機能めっきです。


「フッ素潤滑めっき」とは、無電解ニッケルめっき(Ni-P)皮膜中にフッ素樹脂(ポリテトラフルオロエチレン:PTFE)の微粒子(φ0.2〜0.3μm)を均一に複合・共析させた機能めっきです。
その皮膜は、無電解ニッケルめっきの持つ耐食性、耐摩耗性、均一性とPTFEの持つ自己潤滑性、撥水性、非粘着性などの両特性を兼ね備えており、さまざまな産業分野で応用されています。
エプテックでは用途にあわせてPTFE標準タイプとPTFE高含有タイプのバリエーションを用意しています。

仕様・特性

  PTFE標準タイプ PTFE高含有タイプ
Ni 83〜86wt% 88.5〜89.5wt%
P 7.5〜9.0wt% 10.5〜11.5wt%
PTFE 20〜25vol%  
PTFE粒径 0.2〜0.3μm 0.2〜0.3μm
密度(析出状態) 6.5g/cm3 g/cm3
硬度(析出状態) 約300HV 約220HV
硬度(熱処理後) 約550HV 約320HV
動摩擦係数 0.09 0.08
接触角(析出状態) 108° 110°
接触角(315℃×1H) 114° 115°
推奨用途 摺動性、撥水性 非粘着性、撥水性
外観 淡いグレー、梨地調 濃いグレー、無光沢
■自己潤滑性

PTFEの持つ自己潤滑性により優れたすべり性が得られます。

■非粘着性
非粘着性皮膜のため金型等で優れた離型性が得られます。
■低摩擦性
テフロンコーティングとほぼ同等の低摩擦の皮膜が得られます。また、従来の無電解Ni-P皮膜と比べて約70%耐摩耗性を向上させることが出来ます。
■PTFE分散が均一
無電解ニッケルめっき液中にPTFE粒子を分散し、めっき皮膜へ共析させるため、得られためっき皮膜中には厚み方向にも均一にPTFE粒子が均一に析出します。
■高精度無電解めっき
複雑な形状の製品に対しても均一にめっきを施すことができます(例:パイプの内面など)。また、膜厚精度も従来の無電解ニッケルめっきと同様に管理できます。
■金属皮膜
金属(Ni−P)皮膜のため特に静電気を嫌う環境での使用に適します。

用途・応用例

応用例 用途
自動車部品全般 摺動性、耐摩耗性
産業機器(パーツフィーダー) 摺動性、静電防止性
半導体製造装置・液晶製造装置 摺動性、静電防止性
真空ポンプ 摺動性、耐摩耗性、非粘着性
固定ねじ、ナット類 摺動性、締め付けトルク向上
ヒーターブロック 非粘着性
印刷機器部品(インクジェットヘッドなど) 撥水性、耐食性、摺動性
金型部品 離型性、耐摩耗性

※鉄、銅合金などはもちろん、ステンレス鋼アルミ合金アルミダイカストへもめっき可能です!

各表面処理の効果・特性一覧はこちら

各種お問い合わせ・ご相談

  • 0266-23-4848
このページ先頭へ

COPYRIGHT(C) EPTEC CORP. ALL RIGHTS RESERVED.